2010年05月14日

パロマ有罪「公正な判決に感謝」と涙の母(読売新聞)

 「あなたの死は無駄ではなかった」――。パロマ工業製の湯沸かし器による一酸化炭素中毒事故で、同社元社長・小林敏宏被告(72)ら2人を有罪とした11日の東京地裁判決は、事故が起きる危険性を認識しながら対策を取らなかったとして、メーカートップらの過失責任を明確に認めた。

 事故で若い命を落とした息子の無念を晴らそうと公判の傍聴を重ねてきた母は判決後、「公正な判決に感謝したい」と涙を浮かべた。

 小林被告と、元品質管理部長・鎌塚渉被告(60)は午後1時半、同地裁の104号法廷に、ともに紺色のスーツ姿で入廷。無罪を主張してきただけに、半田靖史裁判長が有罪を宣告した瞬間、小林被告はぼう然としたような表情を浮かべた。

 「被告は使用者の安全を優先すべきだった」「遺族の悲しみは深く大きい」。判決理由が読み上げられる間、小林被告はハンカチで額の汗をぬぐったり、何度もまばたきしたりするなど落ち着かない様子だった。

 判決後、事故で亡くなった上嶋(じょうしま)浩幸さん(当時18歳)の母、幸子さん(56)らが東京・霞が関で記者会見。幸子さんは「あなたの死は無駄ではなかったと言いたい。母の日は過ぎたけど、(判決は)ヒロくんからの贈り物だと思う」と話した。幸子さんの前には、事故の約7か月前、大学に合格した直後の浩幸さんの写真が置かれていた。

 幸子さんは2008年12月の初公判からこの日まで計35回の公判を、体調不良で欠席した1回を除き、すべて傍聴してきた。法廷で書き取ったメモはA5判のノート6冊にもなる。

 昨年10月の公判で、小林被告が小さな声で「不正改造はガス会社がチェックすると思っていた」と証言するのを聞き、幸子さんは「メーカーのトップが、自分の製品の責任をほかになすりつけるのはおかしい」と怒りがこみ上げたという。

 幸子さんは会見で、「パロマの湯沸かし器がなかったらヒロくんは死なずに済んだと思うと悔しい」「被告には命の尊さを真剣に考えてほしい。18歳の浩幸を返してと言いたい」と訴えた。

 幸子さんら遺族がパロマ工業などを相手取った損害賠償訴訟で、遺族側の代理人を務める中村雅人弁護士は、「判決には、社会がより安全な方向に向かうようにというメッセージが込められている」と評価した。

 一方、判決を受け、パロマ工業は「引き続き製品の点検・回収作業に万全を尽くし、こうした事故が二度と起こらないよう、消費者の安全確保に全力を尽くすことがメーカーとしての社会的役割だと痛感している」とのコメントを発表した。

5月末に「方向出したい」=鳩山首相、合意に触れず−普天間(時事通信)
<将棋>封じ手は「4四銀」 名人戦第3局(毎日新聞)
飲酒発覚逃れ軽トラ、信号無視繰り返しパトカーに衝突 男を逮捕(産経新聞)
シュワブ前でも首相に怒声=警官100人、ものものしい雰囲気−沖縄・名護(時事通信)
大阪の街頭犯罪激減、東京との差10分の1に(読売新聞)
posted by キタミ サチコ at 09:57| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

<普天間移設>沖縄知事、県民大会参加を正式表明(毎日新聞)

 沖縄県の仲井真弘多(なかいまひろかず)知事は23日、25日に予定される米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の国外・県外移設を求める県民大会(同県議会など実行委主催)に参加すると正式に表明した。普天間飛行場の移設を巡る超党派の県民大会は初めてで、知事が参加するのも初。政府は20日、移設候補地の鹿児島県・徳之島の3町長に会談を申し入れたが、3町長は拒否。仲井真知事の大会参加で普天間の沖縄県内移設も困難になるとみられ、移設問題は暗礁に乗り上げそうだ。

 知事は県庁であった定例記者会見で「自分の考えを県内外に伝えるいい機会だと判断した。鳩山政権には『県外』という公約に沿ってまとめてほしい。普天間の固定化だけは絶対に容認できない。大会で基地の過重負担、不公平感の解消を話したい」と述べた。23日、参加を求めていた県政与党にも来賓として出席することを伝えた。

 知事は、自公政権が米政府と合意したキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)への移設現行計画を条件付きで容認してきた経緯があり、「県内移設反対」を掲げる大会参加に当初は消極的だった。しかし、県政与党の自民、公明が「大会は県民の総意」と繰り返し参加を要請。経済界や後援会幹部らとも協議し、参加を決めた。

 普天間移設は鳩山由紀夫首相が昨夏の衆院選で「最低でも県外」と公言。政権交代で沖縄では県外移設を求める世論が高まり、現行計画を基本的に容認してきた自民党県連、公明党県本部も「県外移設」に方針転換。県議会は2月に国外・県外移設を求める意見書を全会一致で可決した。

 一方、政府の検討過程でシュワブ陸上部とホワイトビーチ沖合(同県うるま市)など県内移設案が浮上し、県議会が中心となって超党派の県民大会を計画。県政与党や実行委が「県外移設は県民の総意」と知事に参加を求めていたが、知事は回答を保留していた。

 県民大会は県議会や市町村、労働団体などで構成する実行委が25日に読谷村(よみたんそん)で開催する。実行委は10万人の参加を目指している。大会には、両市の稲嶺進市長と島袋俊夫市長が参加するほか、グアムへの移設を訴える宜野湾市の伊波洋一市長も出席する。【井本義親】

【関連ニュース】
鳩山首相:大型連休中に沖縄訪問を検討 実現するかは微妙
民主党:「米大使館、日本政府に不信感」と小沢幹事長語る
民主党:予算圧縮進まず 参院選マニフェストで中間報告
普天間:米国務次官補が27日訪日 協議の行方は不透明
高速料金:首相値上げ幅圧縮示唆、前原氏には「見直さず」

国有財産の活用法募集=成長戦略に役立て−財務省(時事通信)
<殺人未遂>容疑の男逮捕 警察官にシンナーかけ火 名古屋(毎日新聞)
<赤ちゃん置き去り>母親が出頭、書類送検へ 愛知・豊明(毎日新聞)
<皇室>皇太子さまが第一次大極殿完成記念祝賀会に出席(毎日新聞)
【暗流独法「仕分け」】万博機構、存廃が焦点(産経新聞)
posted by キタミ サチコ at 15:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

神社施設集約、有償提供へ=最高裁違憲判決で−北海道砂川市(時事通信)

 北海道砂川市の空知太神社に対する市有地の無償提供をめぐる訴訟で、最高裁が1月に政教分離原則から違憲と判断した判決を受け、同市は20日、宗教性を帯びたほこらや鳥居を一部の敷地内に集約し、氏子らに有償で貸し出す方針を明らかにした。同市は「無償提供の市有地から宗教施設を抜き出し、違憲状態を解消する」としている。
 砂川市によると、有償提供はすでに氏子や地域住民の了解を得ているという。今後、貸し出す面積などの詳細を協議。市は原告側にも説明し、解決に向け理解を得たいとしている。 

切れないナイフ、男性を釈放=銃刀法違反容疑で逮捕−警視庁(時事通信)
<トキ>雌が卵1個を巣の外に捨てる 残る2個にふ化可能性(毎日新聞)
「子ども手当」はビジネスチャンス 「将来の学資積み立て」−教育にニーズあり(産経新聞)
事業仕分け 独法にメス、大学校やり玉(産経新聞)
匿名ブロガーの性別・年代を判別 企業向けに分析サービス(産経新聞)
posted by キタミ サチコ at 14:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。