2010年06月19日

南アW杯 いざ初戦!日本サポーターも集結(毎日新聞)

 【ブルームフォンテーン(南アフリカ)安高晋】2大会ぶりの勝利に向け、いざ初戦。サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で、日本代表は14日午後4時(日本時間午後11時)、カメルーン代表と対戦する。日本人サポーターも初戦の開催地に続々と集結している。治安情勢に対する懸念もあり、旅行会社のツアー参加者はやや低調だ。それでも駆けつけた熱心なサポーターは「おれたちが盛り上げる」とスタンドをニッポンコールで包む意気込みだ。

【いざ最重要の初戦】日本・カメルーン戦実況速報 注目選手と写真グラフ、直前の表情も

 東京都江東区の会社員、福本智之さん(42)は開幕した11日、ケープタウンでフランス−ウルグアイ戦を観戦してから、初戦の地・ブルームフォンテーンに到着した。「開幕日は国を挙げての盛り上がりが伝わってきて、4年前のドイツW杯よりもすごかった。心配していた治安も今のところ気にならない。日本の前評判は高くないが、善戦を期待している」と笑顔で話した。

 港区の会社員、中居英治さん(46)と妻真弓さん(24)はマレーシアで飛行機を乗り継ぎ、約30時間掛けてようやくたどり着いた。日本代表と同じサムライブルーのシャツを着て「韓国も初戦に勝った。日本だってやれる」とエールを送った。

 一方、カメルーンのサポーターの姿も徐々に増えている。対戦前日の13日、代表選手の到着を見ようと近くの空港に約50人が集まった。赤、緑、黄の国旗を振って選手を出迎えたリチャード・アンダウさん(36)は「日本はグッドチームだけど、我々はベリーグッドチーム。FWエトーが決めて2−1で勝つよ」と顔を紅潮させた。

【関連ニュース】
【写真特集】にぎやか 華やか 各国サポーターグラフィティ
【E組展望】日本の生き残りは?…対戦チーム・要注意選手を徹底分析 順位表も
【今さら聞きづらいW杯解説】強いチームは? 誰に注目? 5分間で丸わかり
【日本代表 挑む23選手】個々に全員を分析 横顔とプレースタイル
【討論企画】柱谷幸一氏と杉山茂樹氏 日本の戦いを展望する

大嶽親方から事情聴取=野球賭博で警視庁(時事通信)
航路開設100周年で宇高連絡船再現=香川県〔地域〕(時事通信)
2型糖尿病治療剤ネシーナなど3製品を新発売―武田薬品(医療介護CBニュース)
<はやぶさ>カプセルを回収 破損ない模様(毎日新聞)
<指紋テープ入国>容疑の韓国人女を逮捕…静岡県警(毎日新聞)
posted by キタミ サチコ at 07:29| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

「菅主導」「強い財政」「草の根」…具体案は?(読売新聞)

 菅首相が11日に行った初の所信表明演説は、首相自ら起案し、思い入れのある経済財政政策や「草の根」出身の経歴を前面に押し出した「菅主導」の内容となった。

 「全部聞いてましたか? もっと大変なことを申し上げたつもりなんですけどね」

 11日夜、演説で消費税率引き上げなどに言及しなかった理由を記者団に問われた首相は、途端にむっとした表情になって反論した。演説で超党派の「財政健全化検討会議」の創設を呼びかけたことを挙げ、「私からすると(消費税より)もっと踏み込んだ内容だ」と自負心をのぞかせた。

 首相は財務相を経験したことで、日本の国家財政の危機的状況を実感したとされる。40分近い所信表明演説の半分を「経済・財政・社会保障の一体的建て直し」に充て、財政健全化に取り組む姿勢を明確にした。

 演説の草稿作りには、国会で首相指名された翌5日から取りかかったという。自らの政治経験や、長年温めてきた政策などについて、首相がまず口述し、古川元久、福山哲郎両官房副長官と厚労省出身の山崎史郎首相秘書官が原稿にした。首相はその一字一句に目を通し、古川氏らは首相の「駄目出し」で10回以上原稿の推敲(すいこう)を重ねたという。

 政策の表明以外に首相がこだわったのが、自らの「政治の原点」の紹介だ。市民運動から政治に参画した経験、3度の落選を経てミニ政党から始めた議員生活を振り返るだけでなく、新政権には自身以外にも「若くして地盤も資金もない身一つ」の非世襲議員がいることを指摘。昨年の政権交代の熱気を呼び戻す狙いがあったようだ。

 演説には、与野党から厳しい意見も出た。自民党の谷垣総裁は経済政策について「マニフェストが砂上の楼閣だったことを自白している」と指摘した。国民新党の下地幹郎国会対策委員長は、「言葉よりも実行が大事」と皮肉交じりに語った。

化学工場で8人負傷=塩酸漏れる―千葉(時事通信)
平沢元死刑囚 代表作「狩勝大観」、遺族が発見(毎日新聞)
「業務範囲の見直し」で講演やシンポ―看護師職能集会(医療介護CBニュース)
日本振興銀行を本格捜査へ=メール削除、検査忌避の疑い―銀行法違反で警視庁(時事通信)
<菅内閣>攻め手欠く野党 焦りも(毎日新聞)
posted by キタミ サチコ at 14:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

遺族への賠償命じる=全国初の裁判員事件被告に―東京地裁(時事通信)

 全国初の裁判員裁判となった東京都足立区の隣人殺害事件をめぐり、被害女性の遺族が無職藤井勝吉元被告(73)=懲役15年が確定=に損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁(植垣勝裕裁判長)は7日、2000万円の支払いを命じる判決を言い渡した。
 遺族側は当初、慰謝料などを含め約5845万円を請求。東京地裁は2009年10月、刑事裁判と同じ裁判官が審理する損害賠償命令制度に基づき、約4745万円の支払いを命じる決定をしたが、藤井元被告が額を不服として異議を申し立て、通常の民事訴訟に移行した。
 遺族側は、藤井元被告に支払い能力がないことを考慮し、移行に伴う手数料を抑えるため、請求額を2000万円に縮減していた。 

薬局経営者殺害、男に無期懲役=求刑は死刑―別の強盗殺人で服役中逮捕・大阪地裁(時事通信)
本社・FNN合同世論調査 「無党派層」民主へ回帰(産経新聞)
国際線出発ロビーで初の結婚式=空港会社、ホテルが企画―成田(時事通信)
エクジェイドの添付文書改訂を指示(医療介護CBニュース)
民主と連携ありきでない=公明代表(時事通信)
posted by キタミ サチコ at 10:33| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。