2010年04月22日

患者・家族への支援活動を顕彰−脳卒中協会が「サノフィ・アベンティス賞」(医療介護CBニュース)

 日本脳卒中協会とサノフィ・アベンティス社は4月20日までに、脳卒中の患者やその家族に対する支援活動に貢献した個人や団体を顕彰する「サノフィ・アベンティス賞」を創設した。

 脳卒中では、治療やその後のリハビリテーションなどに長い時間がかかる場合が多く、患者やその家族の支援が急務とされている。こうした状況を踏まえ同協会は、脳卒中患者やその家族への教育や訓練、社会参加への支援活動に貢献した個人や団体を顕彰するサノフィ・アベンティス賞を創設することを決定。会員に対し、賞に該当する個人や団体の推薦を呼び掛けている。

 受賞者の選定は、毎年1回行われる。第1回の受賞者は5月29日、日本脳卒中協会総会・脳卒中市民シンポジウムで発表される。


【関連記事】
脳卒中地域連携パス、標準化へ―東京都
「総合リハビリ料」新設で関連5団体が要望書
脳卒中対策の立法化に向けて協議会を設立
「脳卒中対策基本法」議員立法で制定目指す
「脳卒中政策サミット」を開催―対策基本法の実現目指す

山崎宇宙飛行士 ISSとお別れ シャトル、地球帰還へ(毎日新聞)
村木被告「(検事に)腹が立った」と涙 郵便不正公判 第17回詳報(産経新聞)
外国人?男性刺殺…短期契約者ら居住マンション(読売新聞)
「がん教育」などを今年度事業の重点項目に−日本対がん協会(医療介護CBニュース)
近所住民「まさか」 堺1歳男児死亡 病院搬送すでに冷たく(産経新聞)
posted by キタミ サチコ at 13:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。