2010年06月10日

遺族への賠償命じる=全国初の裁判員事件被告に―東京地裁(時事通信)

 全国初の裁判員裁判となった東京都足立区の隣人殺害事件をめぐり、被害女性の遺族が無職藤井勝吉元被告(73)=懲役15年が確定=に損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁(植垣勝裕裁判長)は7日、2000万円の支払いを命じる判決を言い渡した。
 遺族側は当初、慰謝料などを含め約5845万円を請求。東京地裁は2009年10月、刑事裁判と同じ裁判官が審理する損害賠償命令制度に基づき、約4745万円の支払いを命じる決定をしたが、藤井元被告が額を不服として異議を申し立て、通常の民事訴訟に移行した。
 遺族側は、藤井元被告に支払い能力がないことを考慮し、移行に伴う手数料を抑えるため、請求額を2000万円に縮減していた。 

薬局経営者殺害、男に無期懲役=求刑は死刑―別の強盗殺人で服役中逮捕・大阪地裁(時事通信)
本社・FNN合同世論調査 「無党派層」民主へ回帰(産経新聞)
国際線出発ロビーで初の結婚式=空港会社、ホテルが企画―成田(時事通信)
エクジェイドの添付文書改訂を指示(医療介護CBニュース)
民主と連携ありきでない=公明代表(時事通信)
posted by キタミ サチコ at 10:33| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。