2010年03月10日

堺のこいのぼり手描き、戦後初の女性職人誕生(読売新聞)

 伝統的な手描き技法で「堺五月鯉幟(のぼり)」を製作、明治初期から続く大阪府堺市西区の工房「高儀(たかぎ)」で、戦後初めての女性職人が誕生した。

 6代目・高田武史さん(55)の次女、恵さん(25)。約5年前から工房で、生地を裁断したり、着色しやすいように整えたりする技術や、はけの使い方などを学んできた。

 下積みを続ける中で、こいのぼり製作の奥深さを知り、高儀を継ぐと決心。武史さんから「やってみろ」と言われ、2月に職人としてデビューした。

 「ヒレ描き」と呼ばれる色づけ作業に取り組んでいる。恵さんは「代々受け継がれてきた技術をしっかり身につけて次世代に伝えたい」と話している。

女性殺害 検視は「病死」 茨城県警 解剖で骨折判明、捜査(産経新聞)
首相動静(3月3日)(時事通信)
<雑記帳>密室政治解消?市長面会室ガラス張りに 南相馬市(毎日新聞)
<三重県警>男性警部補が捜査報告書を改ざん 書類送検に(毎日新聞)
インフルでの入院、6週連続で減少(医療介護CBニュース)
posted by キタミ サチコ at 01:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。